2012年04月09日

略奪大国〜あなたの貯金が盗まれている!!



多くの人に幸福と成功のヒントを与えるために!

今回、ご紹介する本はジェイムス・スキナー著

『略奪大国』

です。

この本を読み終えて、一言

「知らないことは恐ろしい」です。

また経済の素人に、すごくわかりやすい内容です。


一番印象に残った内容を抜粋します。

資本主義というのは、社会に余剰金ができた時に、

それを企業の資本として利用するというシステムであり、

それに対して、社会主義というのは、社会に余剰金が

あったときに、それを社会保障に利用するというシステムです。

現代日本は社会主義大国であり、略奪大国なのです。




この本では、国民から集めた税金を資本主義経済が円滑に機能

するために使用せずに、一部の利権のために使用する構図が

わかりやすく書かれています。

農業問題、教育問題、選挙問題、税制などなど・・・。



本当の平等は、結果の平等ではなく、参加する権利が平等である。

まさにその通りですね。

今の日本には、努力もせず、権利ばかり主張する輩も多すぎる。

平気で働きもせず、生活保護を受け、そこから脱出しようと

しない人たちも急増している。


本気で国民が現実を知り、システムを変えないと日本は経済破綻

してしまう。


しかし、スキナー氏は最終章(第7章)にて、

日本に栄える道ありと明るい希望を示してくれています。

それは、前例主義の撤廃、社会保障の改革、官僚革命、

地方自治体の撤廃、金融革命などです。


みなさん、みなさんの愛する母国(日本)はガンの末期症状です。

まずは、この本を読んで「知ること」から始めて下さい。



posted by 人生応援団 at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 資産形成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

億の富の作り方〜久保雅文



多くの人に幸福と成功のヒントを与えるために!


今日はフリーターから資産家になった

久保雅文さんの「億の富の作り方」

を紹介します。

億の富の作り方


この本を読んで率直に感じたのは、

無知の怖さです。


1998年に外国為替及び外国貿易法

が改定され、海外との取引が完全

自由化されました。

これは法律を作る側の人間(官僚、

政治家など)のために作られたのでは。


日本の経済破綻のシナリオは官僚、

政治家は把握できているはずでは。


日本の借金の質は他国の借金とは違い、

質の悪い借金であることを始めて知った。

日本国はどこから借金をしているのか?

それは銀行、郵貯、保険会社などの金融

機関です。つまりあなたが預けたお金が

国の借金(国債)に回っているのです。


現在、日本国の債務残高は900兆円を超え

ています。人口減少による財政難と借金の

増加により、近い将来、国家の破たんが

迫っています。

テレビでは、ギリシアの破たんを報じて

いますが、ギリシアよりも膨大で質の

悪い借金を自国が背負っていることを

認識している国民はどれ位いるでしょうか?


学者の書く書物は専門用語が多く素人には

理解できない場合が多いですが、

元フリーターの書いたこの本は素人にでも、

現在の日本国の経済状況、今後の資産防衛

について、身近で判り易く書かれています。



近い将来、訪れる金融危機に備えて、必ず

読んでもらいたい一冊です。


posted by 人生応援団 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 資産形成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。