2008年11月09日

聞く技術

多くの人に幸福と成功のヒントを与えるために!
人気ブログランキングに一票お願いします。

みんさん、こんばんは。

週末はいかがお過ごしでしたか?

最近、めっきり寒くなりましたね。

お互いに体調管理には気をつけましょう!


今日のテーマは『聞く技術』です。

管理職や親になると、自ら部下や子供と

コミュニケーションをとり、指導しなければ

ならない立場ですよね。

つくづく人を動かすって大変ですよね。

今回は、人を動かす知恵をお話します。






多くの人に幸福と成功のヒントを与えるために!
人気ブログランキングに一票お願いします。


人を動かす。

人類、永遠のテーマかもしれません。

権威的に動かしても、その場限り。

長い目でみたら、マイナス効果です。

論理だけではなく、相手の感情を読み取り、

適切な話をしないといけません。


例え、すばらしい知識を持っていても、

教わる側に心の準備ができていないとだめ。

まずは相手に理解を示さないと駄目。

なにも変わらない。

相手の心を開くために必要なこと・・・。

それは

聞くこと。

意外とこれが難しい。

試しに相手の話に一切口出しせず、最後まで話をさせる。

一切、途中で口を挟まない。本当に難しい。

聞くことの重要性、聞く技術を学ぶためのお勧めの一冊

●タイトル   聞く技術
●著者、出版社 東山鉱久(創元社)
 大学教授の本は分かりにくいものが多いのですが、
 東山先生はまさに読み手側の立場に立って書かれて
 おり、お勧めの一冊です。

 




★今回のお勧めの情報商材★

■人間関係改善の秘訣〜上司・部下とうまくやるために
 〜人間関係の悩みにズバリ回答


あなたが普通に仕事ができて、会社や組織のなかでも一応の実績を挙げているなら、人はあなたを認め、無視などしないでしょう・・・・。
 しかし、そううまくいくばかりではないのが人間社会です。
 一生懸命やっているのに報われない。組織や会社のなかで疎外感を感じるという方も多いのではないでしょうか。
 実は、社会のなかで、上司から認められ、部下から慕われるなどという両手に花のような人は少ないのが実状です。あちらを立てればこちらが立たず・・・・。ということになりがちではないでしょうか?
 また、仕事のみが会社や組織のなかの評価尺度ではありません。営業成績トップであっても、仲間が一人もいないなんていう人は、独立した方がいいと思います。
 わたしは、「今までに嫌いな上司に仕えたことがありません!」などというと、おべんちゃらや、よいしょで生きてきたのかと・・・・?違いますよ!相手を立てるということさえできれば、嫌いな上司などに出くわしません。いや、嫌いな上司など存在しないのです。人には誰でも一癖ふた癖あって、それぞれが異なる個性の持ち主であるはずです。
 そこのところが分かっていながら、なかなか、行動のなかにそれを生かせないでいるから、嫌いな上司がいたり、とんでもない部下をつかまされたりします。愛念があれば、すべての人とうまくやれます。それも優柔不断な優しさだけではありません。確固とした自己主張をしながら、自分の周りに人垣を作っていくのです。そんな方法・・・・知りたくありませんか??
 この理屈を知るだけで、あなたは明日から変わります。あなたが変われば、あなたの周りの環境が変わります。そこがキーポイントです。




■たった3日で相手の心を変える特効薬催眠術

相手にバレない催眠術でこっそり相手をコントロールしてしまう夢のマニュアルです。 高等催眠術の秘儀がこのマニュアルで全て理解できてしまいます!




■上司に「あいつはデキる!」と言わしめる
 奇跡のデキル営業スーパーテクニック法


「俺はこのままずっと出世しないのかな・・」 あなたのサラリーマン人生、平凡なヒラ社員で終わりたくないでしょう?誰よりも早く出世したいと思いませんか? 年間12億を稼いできたトップセールスマンが明かす、デキる営業になる為のノウハウです。 デキる営業になることは、本当に簡単なんです。





posted by 人生応援団 at 22:20| Comment(1) | TrackBack(0) | コミュニケーションスキル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいブログですね。応援してますのでどんどん更新してください。僕のブログは気悪くするかもしれないので、あまりおすすめできませんが。また見に来ますね。
Posted by 新川すぐる at 2008年11月21日 19:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109334376
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。