2008年10月06日

発想の転換、問題解決に役立つ見る技術

人気ブログランキングに一票お願いします。

こんばんは。

すっかり肌寒くなりましたね。

寝冷えには気をつけて下さいね。


今日の1冊は「見る技術」です。

図書館で何気なく気になって借りたほんですが、

すごく勉強になった一冊です。





生まれてから見ることを意識して

考える機会って、ほとんどないでしょう。

また、見るという行為は誰からも

教わることはないでしょう。


また、何で物を見ますか?

当然、目って答えますよね。

でも答えは、目で情報を集めて脳で判断している。

たまに、赤ちゃんが明らかに入れない、

お人形の家に入ろうとします。

これは、赤ちゃんの脳には大きさの比較ができないから、

目で見たお人形と人形の家で遊べると思っています。


いろいろ研究すると見ると言う行為も不思議がいっぱいです。

特に感銘を受けたのは、無という何もない部分が、

全体の中で重要なポイントを占めている。

この部分です。


みなさん、対象物には着目するけど、その間の無の空間って、

あまり気にしませんよね。

でも、一流の建造物や絵画などは、

空間のバランスがすばらしい。


実はこの発想はビジネスにも非常に役立ちます。

新しいアイディアや問題解決において、

その対象以外の要因、つまり無の部分にヒントが隠されている。


僕も管理職になって5年。

最初は空間が見えず失敗ばかりでしたが、

最近なんとなく、この間が理解できてきたような気がします。


それでは。

人気ブログランキングに一票お願いします。

[タイトル] 見る技術 「見方」を変えるだけで記憶力・創造力が劇的に上がる!
[著者] 石岡 裕邦
[種類] 単行本
[発売日] 2007-01-18
[出版社] PHP研究所





★今回のお勧め情報商材

■ セミナー講師プレミアム倶楽部 プラチナ会員

セミナー講師プレミアム倶楽部 プラチナ会員





posted by 人生応援団 at 00:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 能力開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「見る技術」ですか・・タイトルからすると技術の基本だと思えて・・人間にとって大切なことの一つには帰るべき大地ってか(大げさ?)・・原点をもってるかどうかなんですよ!?人生には悩みもあれば、行き詰まりもある。まぁそれがあるから、人生の醍醐味もあるが、ともあれ、自分を見失いそうになったときに、自分自身を位置づけていく座標軸ともいうべきものがあるということが大切だと思う
Posted by 智太郎 at 2008年10月11日 11:29
 物や情報も人の見方によりまったく異なって捉えられるもの。その見方は自身の今までの人生の経験や立場によって固定化されてしまいがちですが、なるべく多くの「見方」を持つ、あるいは切りかえる技術を持ちたいものですね。

 またお誘い頂いた相互リンクの件ですが、早速リンクを作成いたしましたので、これからもよろしくお願いいたします。
Posted by kova at 2008年10月11日 14:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107656882
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。