2008年09月06日

幸せが何かわからなくなった時

人気ブログランキングに一票お願いします。

みんさん、こんばんは。
久しぶりの日記です。
最近義務で日記を書いてたような気がして、
ちょっと休んでいました。

多分、職場でも、日常業務でもそうですが、
時に実行することが目的となり、何のためにがわからなくなる。

まさに、木を見て森を見ず。

そんな時には、一旦遠くから自分を見ることも大切ですね。


この冷却期間に再確認しました。

人気ブログランキングに一票お願いします。

僕は一人でも多くの人に幸福を提供するために、
この日記を発信している。


今日の感動の一冊は、

『幸せな宇宙構造』弘園社 (小林正観)

今や売れっ子作家になった正観さんですが、

彼は周りから望まれたことのみを日々感謝しながら生きている。
彼自身が売れっ子作家になったわけではなく、出版社が望んで
出版に至っている。

この幸せの宇宙構造は「未来の智恵」シリーズ7で、
この未来の智恵シリーズは多分一般販売されてないのでは。

とにかく読んでみて下さい。本気でそういいたい。

(一部抜粋)
「幸せ」という名の絶対的な現象、絶対的な価値を持つ現象と
いうのは、地球上に未だかつて存在したことはないのです。
しかし、「幸せ」という名の現象が、実は存在するときがある。
それはどういうときかというと、「私」が「幸せ」だと思った
瞬間に、その思わせたことが「幸せなこと」になるのです。


まだまだ、抜粋したいところばかりです。

日常生活の中で埋もれた心の汚れに気づかせてもらえます。
posted by 人生応援団 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106120234
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。